遺言、相続の基礎知識|愛知県岡崎市の行政書士|TSパートナー|無料相談実施

遺言、相続の基礎知識

遺言、相続に関する基礎知識

遺言

ご自身の財産を誰に相続させるのが望ましいのか。被相続人の意思を明確に伝えるために「遺言」を残すことはとても重要だと感じています。相続人の間には長年の同居生活や親族関係の中で蓄積したさまざまな感情があることでしょう。要であった被相続人が亡くなったのをきっかけに「相続人同士が犬猿状態になる」ということは...

≫続きを読む

 

遺産分割

人がお亡くなりになると様々な相続手続が待っており、悲しんでばかりもいられないかもしれません。例えば、預貯金や貸金庫の名義変更や遺言執行者が指定されていない場合には、遺産分割協議書を作成したりする必要があります。また、場合によっては相続放棄をしたり、遺留分についての請求を行なう場合もあります。行政書士...

≫続きを読む

 

相続の熟慮期間

相続するかどうかは、相続があったことを知ったときから3か月以内に。遺産をそのまま相続することを「単純承認」といいます。単純承認では、相続人は被相続人(死亡した人)の権利・義務を全て引き継ぎます。したがって、相続人は、亡くなった方に債務がある場合には、それを返済しなければなりません。民法では、相続人が...

≫続きを読む

 

ホーム サイトマップ
トップページ 主な業務と料金 事務所紹介 よくあるご質問 お客様の声