車庫証明の必要な書類|愛知県岡崎市の行政書士|TSパートナー|無料相談実施

車庫証明の必要な書類

車庫証明に必要な書類

管轄の警察署により多少異なる場合があります。

自動車保管場所証明申請書 軽自動車の場合は自動車保管場所届出書
保管場所標章交付申請書 自動車保管場所証明申請書とワンセットで複写式
所在図 自宅と車庫を含めた周辺地図(略図)。管轄内のどこかがわかるように記載。自宅の住所と車庫の場所がわかるように記載。自宅の住所と車庫の場所が異なる場合は自宅と車庫を線で結び直線距離を記入。直線距離が2km以上の場合は車庫証明がとれないので要注意。
配置図 保管場所、保管場所の入り口それぞれの寸法、保管場所に接する道路の幅員を記入。大きな駐車場を保管場所とする場合は自動車の保管場所の駐車番号、名札表示等を記入。
保管場所使用権限疎明書面(自認書) 保管場所の土地建物が自己単独所有の場合に提出。
保管場所使用承諾証明書(承諾書) 保管場所の土地建物が他人所有の場合に大家さん(または不動産業者)に記入、押印してもらう。(有料の場合があります)

※有料の場合は駐車場の賃貸契約書の写し、または駐車場使用料金の領収書でも代用できる場合があります。

認印 交付の時に必要ですが、申請時にも念のために持参。
廃車譲渡誓約書 今まで使用していた自動車(下取車)が今回の申請と同じ保管場所で車庫証明をとっている場合。
その他 県によっては、住民票(写)、印鑑証明書(写)等が必要

※5と6はどちらか一方のみ
※保管場所の土地が共有の場合は、共有者全員の署名と押印の「保管場所使用承諾証明(承諾
 書)」が必要です。
※親の土地を保管場所とする場合は、親に「保管場所使用承諾証明書(承諾書)」を書いてもらい
 ます。

 

 

 

車庫証明手続きでお困りですか?
専門家である行政書士にお任せください。

 

TSパートナー行政書士事務所へ問い合わせ

 

(参考)車庫証明に関する「基礎知識」


ホーム サイトマップ
トップページ 主な業務と料金 事務所紹介 よくあるご質問 お客様の声