産廃許可 積替え保管とは?|愛知県岡崎市の行政書士|TSパートナー|無料相談実施

産廃許可 積替え保管とは?

積替え保管とは?

収集した廃棄物を一時保管や積替えするための施設を設置するためには、収集運搬業の許可の中でも「積替え保管あり」という特殊な許可を取得しなければなりません。

 

つまり集めてきた廃棄物をある程度分類して、一定量たまってから処理場へ運ぶ場合は「積替え保管あり」に該当します。

 

この場合、事前に行政との事前協議が必要になります。
原則処理場へ直行しない場合は積替え保管にあたるというのが行政の立場のようですが、自治体によって、また当該施設が調整区域かなどによって取り扱いが大きく異なりますので、事前にご相談ください。

 

 

 

産廃業 許可・届出の申請でお困りですか?
専門家である行政書士にお任せください。

accept 産廃業許可申請(新規) 105,000円〜 産廃業許可新規申請へ
accept 産廃業許可申請(更新) 84,000円〜 産廃業許可更新申請へ

※上記は報酬額の目安になります。いずれも、申請手数料・公的証明(謄本・住民票等)の実費
 並び遠隔地における交通費は別途必要となります。詳しくはお問合せください。

 

 

TSパートナー行政書士事務所へ問い合わせ

 

(参考)産廃業許可に関する「基礎知識」


ホーム サイトマップ
トップページ 主な業務と料金 事務所紹介 よくあるご質問 お客様の声