建設業とは|愛知県岡崎市の行政書士|TSパートナー|無料相談実施

建設業とは

建設業とは

建設業とは、元請・下請を問わず建設工事の完成を請け負う営業をいいます。
この建設工事は下記に掲げる28業種にわかれています。

 

 

土木工事業、建築工事業、大工工事業、左官工事業、とび・土木工事業、石工事業、屋根工事業、電気工事業、管工事業、タイル・れんが・ブロック工事業、鋼構造物工事業、鉄筋工事業、ほ装工事業、しゅんせつ工事業、板金工事業、ガラス工事業、塗装工事業、防水工事業、内装仕上工事業、機械器具設置工事業、熱絶縁工事業、電気通信工事業、造園工事業、さく井工事業、建具工事業、水道施設工事業、消防施設工事業、清掃施設工事業となっております。

 

 

 

 

建設業 解体業 許可・届出の申請でお困りですか?
専門家である行政書士にお任せください。

accept 建設業許可申請(新規) 105,000円〜 建設業許可新規申請へ
accept 建設業許可申請(更新) 84,000円〜 建設業許可更新申請へ
accept 事業年度終了届(決算変更届) 31,500円〜 事業年度終了届(決算変更届)へ
accept 経営事項審査(経審) 73,500円〜 経営事項審査(経審)へ
accept 解体工事業登録 63,000円〜 解体工事業登録へ

※上記は報酬額の目安になります。いずれも、申請手数料・公的証明(謄本・住民票等)の実費
 並び遠隔地における交通費は別途必要となります。詳しくはお問合せください。

 

 

TSパートナー行政書士事務所へ問い合わせ

(参考)建設業許可についての「基礎知識」


ホーム サイトマップ
トップページ 主な業務と料金 事務所紹介 よくあるご質問 お客様の声